Setsuko Chiba 千葉節子 Art Heart Gallery 

やわらかな
あたたかな
いのちのひかりをともに呼吸し、わかせながら。。。

0000078729.jpg

HOME ≫ POETRY READING ART PERFORMANCE

POETRY READING by Setsuko Chiba

愛と希望の響きに満ちたやすらぎの詩の世界
 Peace in Soul

愛と希望に満ちたやすらかな詩の世界
Peace in Soul

0000250557.jpg
ポエトリ-リーディングという言葉から、皆様は何を思い浮かべるでしょう。

ポエトリーリーディングを簡単に直訳しますと、詩の朗読、と誰もがそのように思われるのではないかと思います。
確かにそのとおりなのですが、長年、そのステージに立たせていただいてまいりました私にとりまして、ポエトリーリィーディングはそれ以上の意味がありました。

それは、一言で表すとするのなら、<心と魂への慈しみと励ましの子守唄>、あるいは<命と人生への愛と希望の讃歌>と申し上げられるかもしれません。眠れない夜に出会うやすらぎの調べのように、あるいは、転んで膝を擦りむいた時に労わってくれた優しいやわらかい手のように、そして、人生に疲れ、自分を見失いかけた時に、慰め、励ましてくれた温かな力強い笑顔のように。

そのような<心と魂への慈しみと励ましの子守唄>、そしてまた<命と人生への愛と希望の讃歌>、としてのポエトリーリーディングを、私は、一人でも多くの皆様にお届けしてまいりたいと思います。

どれほど欲しい物に囲まれ、いくつもの夢をかなえても、人間は、心の滋養が必要です。
「ことたま」という表現があるように、古今東西古来より、詩歌には、心と魂を慰め、励ます使命があるのです。

大乗仏法が説く生命の宇宙では、言葉とは、心を声にして表したもの、と言われます。目の前のひとりひとりに愛と希望とやすらぎと、そして心からの励ましを、自らの言葉と声を通してお届けさせていただくのが、私にとってのポエトリーリーディングなのです。

3・11以降、被災地はもとより、多くの日本人が明日への不安と見えない疲れを抱いているように思います。
私も、福島県白河市で暮らしながら、180度様変わりした日常のひとつひとつを家族と笑顔で乗り越えながら、被災地をはじめ、日本のみならず世界の大変な思いの中にある多くの人々のお幸せにささやかでも尽くさせていただくことを目標に、ポエトリーリーディングを新たな決意で始めさせていただいております。

千葉節子のポエトリーリディングにご関心をお持ちの皆様、又、一度聴いてみたいとお考えの皆様は、是非、Contact Us http://setsuko-chiba.amsstudio.jp/contact_setsuko_chiba.htmlをクリックしていただき、ご遠慮なくお問い合わせいただけますようどうぞよろしくお願いいたします。また、ポエトリーリーディングのライヴ出演、執筆、講演会等を含めたお仕事のご依頼も承っておりますので、是非お気軽にご相談いただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。全国どこでも、また、お客様の人数やステージの大小に拘らず、お声を掛けてくださる限り、うかがわせていただきます。

愛と希望と光に満ちたやすらかなことたまの響きの中で、皆様おひとりおひとりの笑顔にお目に掛かれますことを、心よりお待ち申し上げております。



千葉節子











0000253963.jpg